解決しない悩み・問題。「ほんとうの望みは何か?」を知る。




悩みは、自分にとって大きなテーマであるほど、すぐに解決できないことも多いものです。

親との関係によるもの、恋愛・パートナーとの関係などの人間関係。あるいは仕事での悩みなど。

そんな時、なるべく右往左往せず目的に向かうために。

少し抽象的になると思いますが、最近、大切と思う一つの見方について書いておきます。

 

悩みは理想と現実のギャップから

 

悩みは、「こうあってほしい」「こうなりたい」という理想や欲求と、「そうでない」と感じる現実にギャップがあるときに生まれます。

 

成長の原動力になるし、努力や対処法によって、解決できることもあります。

⇒理想に近づける方向

 

また、「理想」はもちろん、「現実」も自分の感じている認識なので、それを見直すというのもあります。

⇒今の自分を受け入れる方向

 

潜在意識の解放から見ると、今の自分がすごくイヤだったり、ネガティブな感情を抱えている場合は、それを先に解消するほう(後者)がいいと思います。

 

 

問題はすぐ解決できないことの方が多い

 

しかし、自分にとって大事な問題ほど、すぐには解決できないことのほうが多いものです。

そこには必ず、自分にとってのテーマがあります。

 

つまり、そこに「内的な成長」、あるいはカルマ(因果)に関わる問題があるということです。

*カルマの存在は、なぜかは分からなくても直面させられる課題があること、それも今世だけでなく、過去生の影響も知ることで納得し解消もしやすいということから、精神衛生上、役に立つものだと思います。

 

こういう場合、中長期的なスパンで見ていった方がいいときも多いでしょう。

悩んでる最中というのは、「あるべき状態」に届かない、そのギャップばかりに目が行ってしまいます。

そうなると、不足感のループになりがちです。

ここで意識してみるといいかもしれないこと。

 

それは、「自分の本当の望み」は何なのか、それを知ること、です。

 

問題のゴールを知ることが、ほぼ解決かもしれない

 

当たり前に思えるかもしれませんが、、たとえば人間関係で満たされない場合、満たされたい何かがあるわけですね。

それが本当にはっきり分かれば、問題の半分は解決しています。

 

 

それは、自分の望みとしての、問題の「ゴール」が見えているということです。

 

大事なのは「真の望み」を知ること

 

ここで、ゴールの条件が一つあって、それはこの望みが、自分の「真の望み」であることです。

つまり、具体的な願望というより「心の中」で感じること。

それは、ほぼ必ず自分への、あるいは他者との「愛」など、数少ない根源のテーマに最終的には絞られると思います。

 

カウンセリングや瞑想など、形は何であれ「自分との対話」は、そのために役立たせることができます。

また、感情を解放していく中で、ゴールが見えてくることは多いので、、

だから「潜在意識の感情解放」は真のゴールを知るという意味で、有効だと思っています。

 

まずは不足感はあってもいいけど、何を求めているかを知っている。

そして、それを自分で認めている。

そういう状態であれば、理想通りでなくてもけっこう大丈夫だと思います。

 

願望は奥深くみていく

 

これは、努力して自分を変えるわけでも、理想をあきらめるわけでもなく、むしろ理想や願望を突き詰めて見てみることが、自分を愛することにつながるのだろう、ということです。

引き寄せも、ないことはないと思うけど、よく言われるように表面的な願望に終わってしまえば、どこまでいっても終わりはないと思いますね。

自分の魂が、「これを体験して成長する」と決めてきたことがあるとしたら、すんなり行き過ぎると目的達成できないかもしれないですし。

 

 

何でも自由にできる世界から、魂として降りてきたのだとしたら。

この制限がある世界は、その中でしか体験できないことのある世界。

そこで自分がホントに体験したいことを知る。

それがあらゆる悩みの解決のスタートであり、同時に、もうほとんど、ゴールでもあると思います。

sponsored link






エネルギ-を読み取り
潜在意識を癒し、解放するためのセラピー
感情解放アロマ・シータヒーリング・アクセスバーズ
メニューはこちら

ABOUTこのブログを書いてる人

カウンセリング、タロット、ヒーリング・・自分自身でいろいろ経験しながらやってきて、もっとも深く癒していくために役に立つもの、そのためのあり方を大切にしたいと思います。臨床心理士/ヒーラー。

もう少し詳しいプロフィール