「この地球に山や森は存在しない」と自然災害と、常識のウソ。




この記事は、社会的なことがらと、地球的なことがら、またはこの世界の嘘?についてです。

 

2018年7月初旬、西日本を中心に大雨による災害がありました。

そのときの、福岡県朝倉の友達の投稿です。

 

自然栽培をしている彼は、地元で「大地の再生」にも関わってやってるみたいで、いろんな話を聞けました。

上記のような、コンクリートの構造物、側溝などによる弊害(他人事でなく自分が住んでるところもそうです)。

川の流れを、道路に直線に沿わせて90度でカーブさせるような、自然と安全性を無視した作り。

市町村合併で、なぜか地名が変わってるけど、山の合間、谷底を埋め立てて、住宅地ができていたりすること。

 

この考え方でいけば(ど素人ですが)、水害対策も森林管理だけでなく、やっぱり全体の環境を見ないといけないんだろうな、と。

 

そんな話をしながら見た、一見関係ないこの動画。

「There are no forests on Flat Earth Wake Up」(「この地球に山や森は存在しない。」⤵はオリジナル。日本語訳つきも他から出ています)

 

常識という視点の、最も大きなパラダイムシフト。最初に見たとき、地球に対する見方は変わりました。

「山や森」じゃなくて、もっと大きいものを見ないといけないんだな、と。

途中、それは飛躍しすぎでない?とか、誰が何のためにしたのか?って謎もあるけど、やはり非常に興味深い。

 

「地下のマグマが堆積岩を突き破りながら地上に昇り、そのまま冷えて固まった」らしい、柱状節理のデビルズタワー。

 

出典: デビルズタワー国定公園(アメリカの絶景)詳細情報:旅の大辞典

⤴デビルズタワーのアップ。はい、私が登っているのは、溶岩の固まったものです。

 

出典:Damn Cool Pics: The Garni Gorge

⤴アルメニアのガルニ渓谷の柱状節理。えっと、大昔の溶岩は6角形に分裂して、下に落ちないで固まったんですね。分かります。

 

・・やっぱり、柱状節理=溶岩という公式説って・・それこそ「トン◯モ」としか。。

なんで、あんな形に?なんであんな場所に?そそり立ってるのはなんで?

今見られる火山からの溶岩が、全然そうはならない理由は?

片栗粉による実験??素人だけど、組成も固まり方もぜんぜん違うんじゃない?

 

その辺の合理的な説明ができるのでしょうか。まあ、だから巨木(巨大植物)で間違いない、とも分からないですが。

しかし、この溶岩説は、「科学的」な装いをもってテキトーに作られたフェイク学問に、人間はかんたんにだまされちゃう、という典型っぽい気がしますね。

 

もちろん、オレンジは青いよね。科学的に青い色素が分析できるよ。

 

フェイクも多い中で全体像を見るには、一見整合性がありそうな(これに関してはそれすら分からないけど)小さいとこだけでなく、きわめて常識的に(フラットに)全体を見ないといけない、とわたしは思います。

 

ということで、この話、情報操作があるのは間違いないでしょうが、問題はなぜ、そんなことをする必要があるのか?ってことですね。

 

(ここからは、そっち系スイッチ(by SHINGENさん)ニュートラルからややON状態で)

おおまかには、やはり人類史にもろに直結する事柄だからだと思いますが・・。

動画では、「誰がしたのか」について、単に「支配者」という言葉と、あとは宇宙人をほのめかしてるようには見えるけど(「ゼイリブ」)、くわしいことは何も触れていない。

けど、いわゆる「古代宇宙飛行士説」とがっちりリンクしそうな話ではありますね。

これまでの情報を、一気につなげてくれそうな感じもします。

 

でも、だとしても「何のために」は、今一つ分からないですね。彼らにとって必要な資源だったんでしょうか?このへん、分かってくると、そうとう、おもしろそうな感じがします。

 

で、この動画の言うように、かつて、地球を荒らした者たちがいたとして。

それが誰であるかは置いておいても、

今も、そのあとを引き継いで、自分たちが地球の機能を弱体化させてしまっているのかもしれない。

 

現在、日本中の森が枯れていってる。

その速度は人が歴史上体験してない速度です。

人間はすべてがつながっていることを忘れ、植林すれば森が再生すると思ってる。

でも、木というのは大きな森の一部だから
森全体の環境が直らないと木は再生しないのです。

例えばアスファルトで空気と水の流れを遮断しといて
森の再生などありえない。

ソーラーパネルで山の頂上を覆っておいて
森の再生はあり得ない。

植物たちはお互いにつながりもっと高度な知能を有している。
そういう学者もいます。

こういう正しい知識が広まれば良いなと思いますた。

木々は会話してる 菌糸ネットワークWood Wide Web(黄金の金玉を知らないか?より)

 

木々のネットワーク。ちょっとワクワクします。

こういうことって、まだ人間はほとんど分かってないですよね。

このへん見ると、やはり過去に地球の大木を切り倒したのも、地球という惑星のエネルギーを奪いとる。それが目的というのもあながち間違ってないんじゃないか、と思ったりします。

だとすると、(あるいは常識的見方からしても)「とんでもない」話ではありますが。

 

いずれにせよ、、地球が調和できるように考えるのが、現実的に必要なことになるはずだし。

そんなことを思いながら、、まずは、自分自身の浄化ともっと調和した状態に、、。

実際、それが自分にできる、小さいようでいて最大限のことなのでしょうし。

とまあ、、結局はすべてそこに戻るのですがね(;’∀’)。

sponsored link






エネルギ-を読み取り
潜在意識を癒し、解放するためのセラピー
感情解放アロマ・シータヒーリング・アクセスバーズ
メニューはこちら

ABOUTこのブログを書いてる人

カウンセリング、タロット、ヒーリング・・自分自身でいろいろ経験しながらやってきて、もっとも深く癒していくために役に立つもの、そのためのあり方を大切にしたいと思います。臨床心理士/ヒーラー。

もう少し詳しいプロフィール