プロフィール

クレーの天使

明石暁充(あかしあきみつ)

1972年生まれ/男性/岡山県出身/佐賀県在住

臨床心理士/ヒーラー

特に「心の傷つき」(いじめ、トラウマ、親子関係などによる)を癒すことをメインテーマとしています。

 

カウンセラーとして

 

精神科・心療内科のクリニックで、12年ほどカウンセリングを行ってきました。

もともと、中学生の頃から精神分析の本を読んだりするような子どもでした。かなりのいじめを経験してきたこともありましたし、元来現実感が薄くぼーっとしがちな人間だったと思います。

大学時代に本格的に精神的な危機を経験し、このときにカウンセリングを受ける中で、カウンセラーになることを決め、大学を転学。臨床心理士に必要だった大学院を卒業したのは30のときでした。その後、カウンセラーとしてやってきました。

自分の資質と様々な縁によって、いわゆるスピリチュアルな方面への関心を持ち続けるようになりました。仕事においても、自分にとってもっと役立つ方法や考え方があるはずと思い、模索するようになりました。

その中でタロット・リーディング(いわゆるタロット占い)なども、ほぼ趣味の範囲ですがやるようになりました。好みはあると思いますが、気づきを与えてくれる点では利用できるものかなとは思います。

しかし、なかなか自分が「これ」と思えるものがないもどかしさもありました。

 

自分自身の癒しと新たなセラピーとの出会い

 

しかしその後、自分自身の体調の異変などもあり、新たにヒーリングやセラピーと出会うことになります。縁あって本物に出会ってこれたことで、その可能性の大きさに自分自身、ライフワークとしてやっていくことを決め今に至ります。

その可能性とは、まず人間のエネルギーを読み取ることで、その人の深い部分を理解できること、そしてなかなか変えることが難しい、心の深い部分(潜在意識)を癒すことができる方法の持つ力です。

 

それらの多くは心理学の範囲では扱われていない、しかしスピリチュアルな分野の中でもいろんなものが混在しています。

その中でも、「好きな人の世界」で終わるにはあまりに、、というものに出会ってこれました。

例えば、脳の機能にもとづいたネガティブな感情を解放するセラピー。潜在意識や直観につながるテクニックとして利用できるヒーリング。

また、その人の大事なテーマを知る助けにもなるチャクラのエネルギー。共通するのは、身体(脳)や身体に直結した人間のエネルギーに聞く、ということで、自分からすると、これらは決してフワフワしたスピ系?などではありません。

役に立つものは必ず合理的なものであり、それは必ずしも今主流であるものだけ、とは限らないと思います。

 

今の思いとこれから

 

もちろん、方法論だけではダメですし、日々精進なのですが、実際にエネルギーを読めるようになったこともあり、短時間でその人の本来のテーマについてお聴きし、理解できるようになりました。

そして、自分が体験を通して出会い、学んできた確かに力のあるセラピー。その力も利用し、苦しんでいる方や人生を変えたいと思う方の役に立てればと思います。

また、それをさらに広く役だてるものにしていきたい、というのが今の自分の願望です。

 

趣味はクッキーなどお菓子・パン作り、スピリチュアル関連の本を読んだりする、おもしろい物語を読む、最近はブログを書く・・などです。

以前は世界の裏情報(いわゆる陰謀)を調べるのも趣味でしたが、最近はそこまでしなくなりました。まあしかし、一見あやしいことの中に真実がある(もちろんウソもある)のは、いろんなことに通じる事実だと思います。