本当の自己実現とはー簡単に説明してみます。




なりたい自分になる、目標を達成する、という意味で使われがちな自己実現。

もう、それが定着している感じがします。

でも、もともとの心理学的な意味はちょっと違います。

 

ブルース・リーのこの言葉がよく言い表しています。

自己実現が重要だ。それと私が皆に言いたいのは、「自己イメージ」の実現ではなく、「自己」の実現に向かってほしいということだ。誠実な自己表現のために、自分の内側をよく観察してほしい

カッコいいですね。

 

「自己」の実現、って何でしょうか?

理想の自分のイメージに近づく、とったことでなく、あくまで自分の深くで感じていることを大事にして、行動・表現すること、と言えると思います。

もちろん、その中に「こうしたい」「こうなりたい(ありたい)」というのもあるでしょう。

ただ、その理想が、自分の内(生命とか魂)とつながっているかどうか。

これをどこまで深く根を下ろせるかが、「自己実現」の土台になるのだろうと思います。

 

そのためには、自分の傷を癒したり、時には常識の殻を破ったりといったことが必要なこともあります。

その中で、自分の心の制限を解放し、今まで持ってなかった面に開かれていくこと。

それが、自分が考える本当の「自己実現」です。

一人一人違う、創造的なもの。

だから人によっては、「安心してダラダラできる」が自己実現の一つかもしれません。意外とあると思います。

 

あと、たとえば。

たまたま最近見始めた、アニメ版モブサイコ100Ⅱの第7話。

こんな説明とかでなく、、ホントなんか泣けますね。そして、やる気になるので不思議なものです。

 

霊幻がモブになろうとしても、永遠に自己は実現しません。でも、これと同じことって、すごくよくあるのではないでしょうか?

霊幻が優れているのは、ぎりぎり誠実で(;’∀’)、何よりきちんと自分自身と向き合えるところですね。

「本当の自己実現」なんて、まずそれなしにあり得ないって思うのです。

sponsored link






あなた本来の価値に
気づき輝かす
臨床心理士がおすすめする 才能や能力の引き出し方
ー革新的メソッドーその効果

ABOUTこのブログを書いてる人

潜在意識の問題、自己否定を解放し可能性を発揮するために。本当に役に立つものを必死に探し、自分の体験を通して学びました。臨床心理士。

詳しいプロフィール