潜在意識の感情を解放するとどうなるか。楽洛感情解放アロマ®の効果




人生の問題の大きな原因である「潜在意識のネガティブな感情」。

家族、恋愛などの人間関係、仕事の能力やモチベーションについての悩みなど、人間の主要な悩みには、この感情の問題がからんでいます。

 

私が、楽洛感情解放アロマが優れていると思うのは、この感情に自分で簡単に気づいて、アロマの力を借りて癒せるというところです。

ムリにポジティブになるのでなく、ただこれまでに習慣化した、残っている感情に目を向けて見つめてあげる。

それが、言葉通りの本来の自分を取り戻し、可能性を広げるための大きな一歩になります。

 

 

ここでは、その効果について、「どんな感情が解放され、それによってどう変わるのか」

また、その効果を支える「脳と感情・香の仕組み」について説明します。

 

感情解放アロマで解放する「潜在意識のネガティブな感情」

 

アロマで解放する感情は、大きく5つに分けられます。

これは東洋医学の陰陽五行に対応していて、身体(疾患)とも関わっています。

どんなストレスであっても、この主要な感情がおおもとの原因となっています。

 

 分かってもらえない (土)=脾・胃

 悲しみ・傷つき (金)=肺・大腸

 あきらめ・怖れ (水)=腎・膀胱

 怒り・ガマン (木)=胆・肝

 ハートを閉ざす (火)=心・心包・小腸・三焦

 

これらの感情は、一つの問題についても、複数がからみあって存在しているものです。

それも層のようになっていて、意識しやすいもの、しにくいものがあります。

 

例えば・・

「夫が全く家事をしてくれない」と思うとき、まずは「なんでしてくれない?と怒りを感じている」けど、

同時に「私のしんどさを分かってもらえない」という気持ちがあり、さらに深いところでは、「悲しみ」を感じているかもしれません。

そして、「どうせ私は分かってもらえないというあきらめ」から「ハートを閉ざしてしまう」というように。

 

こういった日常のささいに見える問題、の中に、多くは過去からの、解消されていない感情やテーマが隠されています。だからこそ強いストレスになるのですね。

 

そして、この潜在意識の感情の性質として、どこか一つにブロックとなる感情が残っていると、他にもに影響し負のスパイラルに入りやすくなってしまう、ということがあります。

 

感情は互いに関連しあって働く

 

なので、これを奥まで癒し解放していくことで、マイナスに引っ張られないようになっていきます。つまりプラスの循環に自然と入りやすくなります。

 

感情解放による効果

 

 分かってもらえない →自信の欠如

(感情解放後の効果)自分を認めることができます。

 悲しみ・傷つき →信頼の欠如

(感情解放後の効果)自由に表現できるようになります。

 あきらめ・怖れ →どうせムリ・意欲の欠如

(感情解放後の効果)前向きに生きられるようになります。

 怒り・ガマン →目的の欠如

(感情解放後の効果)目標や進むべき道が見えてきます。

 ハートを閉ざす →自己愛の欠如

(感情解放後の効果)自分を愛せるようになります。

 

*①~④のテーマが解消されていくにつれ、⑤の自己愛のテーマが出やすく、深くなるように思います。

 

感情解放アロマ®の効果を支えるもの

 

潜在意識の感情と脳の働き

 

人間の感情、とくに、恐怖や不安、怒りなどの「ネガティブな感情」には、脳の「扁桃体」が大きくかかわっています。

扁桃体は、このような感情の活動場所であるとともに、何が不快・危険で、何が快で安全かという「価値判断」も行っています。

この脳の仕組みによって、過去のネガティブな体験が影響しつづけ、人間関係や仕事・やりたいことなどにおいても、自分を制限する壁となってしまうことになります。

 

なかなか変われないのは、このネガティブな感情は、一度記憶されると解消するまでは残り続ける性質を持つためです。

それは、扁桃体などの、いわば古い脳にインプットされています。

なので、考え方や意志ではコントロールが効きにくく、とくに強い感情ほど、その影響が残りやすいのです。

 

脳の幹となっている古い脳を癒すことが、もっとも大きな癒しになる

 

アロマ(香)が脳に働きかける仕組み

 

アロマ(香)が持つ最大の特徴は、その香が前頭前野を介さずに、直接、脳の深い部分(とくに扁桃体)に作用することにあります。

感情解放アロマ®は、一般的なアロマセラピーとは異なり、この作用を利用することによって、「深い感情の問題」に働きかけます。

このため、気がついてなかった感情に、すぐに深く気づいていき、同時に癒すことができます。

 

言い換えれば、脳に記憶された「不快」の回路を消し、「快」に変えることが可能になります。

また、内分泌系に作用するので、深いリラックス効果が得られます。

脳が深くリラックスするので、その体験から何を学んだのかといった「気づき」が自然と起きてきます。

これが、問題を「完了」させるために重要なところです。

 

植物の持つ癒しの力

 

脳に作用することもそうですが、感覚として、素朴にアロマを使っていて感じることがあります。

それは、「植物の持つ癒しの力」としか言いようのないもの。

 

 

もっと言えば、植物に内在する「愛」の力でしょうか。

それは、どこまでも無償であり、どんな体験・感情も裁くことなく、ただあるがままに癒してくれます(このあり方に近づきたいものです)。

その言葉では説明できないような何かが、私たちの本質となる部分に働きかけ、もっとも奥に存在するはずの「調和」と「平安」に導いてくれる。

 

時には、音楽も、そして瞑想もそうでしょう。

ただその中でも、感情解放アロマは「その苦しみ」に焦点を当て、癒す。そして、内側から制限を外し、可能性を広げてくれる。

だからこそ、根深い問題に対応したセラピーであるとともに、望みや自己の実現にも役立つ。

そんなふうに感じています。

sponsored link






エネルギ-を読み取り
潜在意識を癒し、解放するためのセラピー
感情解放アロマ・シータヒーリング・アクセスバーズ
メニューはこちら

ABOUTこのブログを書いてる人

カウンセリング、タロット、ヒーリング・・自分自身でいろいろ経験しながらやってきて、もっとも深く癒していくために役に立つもの、そのためのあり方を大切にしたいと思います。臨床心理士/ヒーラー。

もう少し詳しいプロフィール