直観の力を鍛えるための覚書・・シータヒーリングはけっこう役立った。




直観・インスピレーションを求めて

 

ものごとの本質や、相手の状態を一瞬に把握するような直観の力。そういう力を上げたいと思う方も多いと思います。私もそうでした(今もそうです)。

自分はもともと、霊能力者のようなタイプではないですが、かなり前からペンデュラム(振り子)を使ったりもしてたし、チャクラのことを学んだときもそのエネルギーを読み取るとかは、練習していくとそんなには難しくはありませんでした。

ただ、それとは別に「もっと直観を感じて、活かせられるようになったら」という思いがありました。

病院でカウンセリングしていたときも、役に立てたこともあったでしょうが、一方で力不足を感じることも多く、自分の中では、かなり「足りない」感じがありました。

自分にもっと合った「何か」があるとは思ってましたが、なかなか見つからないもどかしさもありました。

 

ここでは、そんな大きなことは言えない自分が、これまでの経験から、自分なりに直観・インスピレーションを感じて活かすための方法について書いておきます。興味のある方には何か参考になることがある、かもしれません。

 

ちなみに、自分がここで書いている「直観」は、その人の情報(どういう苦しみがあるか、どういう本質を持っているかなど)を捉える力のことです。自分が生きる上での選択、とかにも通じるとは思いますが。

カウンセリングの世界では、直観というのはキホン本人の資質に任せられてて、学ぶ上での指針が少ないので、別の領域で学ぶしかなかったですね。

 

まず意識の問題

 

1.直観的に感じることを「気のせい」と思わない

 

そもそも、カウンセリングでもそうですが、人間は目に見えない証明できないものを知る感覚を、普段から使っているものです。

だいたい、その人の気分や雰囲気をどうやって感じているのでしょう。表情だけではないでしょう。「科学的」な説明は可能(必要でもある)かもしれませんが、それはあくまで物質レベルの説明であり、「どのようにして分かっているか」の本質ではありません。

その人のもうちょっと奥のところの情報を感知するのも、原理的には同じことです。ただ、ちょっとセンサーのチューニングを上げるくらいのイメージ(これをどうやって上げるか、ですが)。

 

 

なので、まずは目に見えない情報だからと言って、気のせいかも、とか分かるはずがない、という意識はなるべく外した方が直観を見逃しにくくなると思います。

人間の思考というものは強力なので、「気のせいだ」という思考が強いと、一般的に理解しにくい直観的なことは全て「気のせい」というのがその人の現実になるからです。

まあ、別にそれはよくあることなのですが、「直観」を追求していくうえでは、固定観念は外していけたらいいかなというとこです。

うまく説明できないから間違い、とは限らないですから。

 

2.必ず検証する。客観性を大切にする

 

1.と逆と思われるかもしれませんが、そうではなく両方ないと成り立たないと考えています。とくに仕事で使うような場合など、この姿勢は絶対に必要だと思います。

なぜなら、単なる思い込みであってはならないので、、精度を持たせるためには検証が不可欠ですから。そうでないと役に立たないからですね。

あと、ある程度の説得力もないとダメだと思うので、、「分かる人だけが分かる」では不十分と思っています。

自分が一般には「スピリチュアル」な世界に足を突っ込んでいるのに、一部の「スピリチュアル」を受けつけられないのはその辺り^^;

たとえば、「天使」だっているだろうし、「悪魔」も身をもって体験したので、例えばそういう存在がないとは思いません。でもいきなりそれが出てきたら、ふつう「あぶない」って思いますよね💦(これもやばいか)。

 

話はそれましたが、検証する、例えばカウンセリングやヒーリングなら自分が感じたことを直接聞けることも多いですね。その反応で、ほぼ正確だったかどうかは分かると思います。

そういう意味では、チャクラは数値化もできるし、事前に遠隔で読み取っておくことで検証はしやすいですね。

あとは、セラピストが複数いたら、同じ人を測定なり見てみてというのもありますね。見る角度にもよりますが、どの程度一致するか。いずれ、こういうことをもっとできたらいいなと思います。

以前、一度だけスピ系のワークショップに行ったとき、集団の中で各々の情報(どんな人かなど)を読み取っていく、というワークがありましたが、皆けっこう当たってた率が高かった記憶があります。

そういうワークショップなども、ものによっては経験してみると役立つと思います。自分はどういうタイプで、どんな方法があってるのかを知るきっかけにもなることもあるでしょう。

あとは「そういうのはあるんだな」と分かってくると、いかに精度を上げて、分かる範囲を広げていけるか、しかないんですよね。自分もこれから、もっと余地はあるはずです。

こう書くと普通ですね( ´∀` )。勉強して体験を増やして・・その中で見つけていく。生まれつきなんか分かる、という特殊例以外はそうなんじゃないかと思います。

 

直観力を上げるための方法論について

 

1.自分をきれいにしていく

 

もちろん見た目を美しく(*’ω’*)ではなく、自分の持つ重いエネルギー、つまりネガテイブな思い込みや感情をクリアにしていくこと。

細かな方法論よりも、まずこれが全ての基本だなと思ってます。いろいろ方法はあると思いますが、自分的にはシータヒーリングや感情解放アロマ®心理セラピーはいいと思いますし(宣伝)、他にもいろいろあるとは思います。

よく「第6、第7チャクラの覚醒」とか言われますが、要は潜在意識レベルで解放されていけば本来の自分とつながりやすくなるし、自然と直観も働くようになる、と思います。

この辺を確認するのにチャクラのエネルギーは便利な指標ではあります。例えば、第8とか9あたりの(頭上の)チャクラあたりが開いていて、霊的感覚が優れている人でも、6、7チャクラは開いてなくて、結局現実に活かされない、なんてこともあると思います(7が開いてて下のほうが開いてなくても同じ)。

そういう場合、ハートチャクラとか別のところに問題があったりするので、その原因を解消すればいいわけです。そうやってエネルギーがクリアになれば、直観力も活かされるはずです(だから、第6、7チャクラとかだけに意識を向けてやっても効率的でないということ)。

そしたらもちろん、見た目もクリアに美しくなっていく( ´∀` )はずです。

 

2.自分に合ったものを見つけて練習する

 

直観力にも個人差はあるでしょうが、仕事として役立てるには、やはり練習して確認できることが必須ですよね。

でも「自分に合ったもの・伸ばし方」を見つける、ここが一番大事で難しいところでもあるかもしれません。だから、「この方法がベスト」というより、だいたいどんなのがあるか、ある程度体験してみる、ことができれば一番近道かもですね。

さまざまな瞑想やイメージングもありますが、個人的にはチャクラの状態をみることから始まって、一つきっかけになったのは、やはり「シータヒーリング」でしょうか。

制約のない最も純粋な層(創造のエネルギー)とつながるということ自体、直観を開くきっかけになるでしょうし。そういうことが意外と簡単で、ある意味「大したことではない」と知れるのも大きいですね。

 

 

あと、エネルギーの層というか次元の考え方があるので、個人的にはこれは役に立つし必要と思います。層が低いからだめというわけではないですが、例えば肉体に近く現実の制約がかかりやすい次元と、制約がない次元ではずいぶん違います。

これによって、例えば、そのやり方での「遠隔ヒーリング」がどの程度可能か、の目安にもなります。目に見えないから、あいまいになってても分からないような部分を、きちんと理論的にも保証していくことは必要と思います。

そして、相手の情報を受け取るというのがシータの方法の中に入っているので、そういった手順を重ねていくことが一つの練習になります。で、だんだん慣れてくるとその人の苦しんでる部分のイメージ的なものや、逆にもともと持ってる本質的なよさが分かってきたりしたので、これは自分にとっては一つの大きな収穫でした。

ということで、練習はもちろん必要ですが、その前に何が練習として有効か知るためにも、幅広く経験してみるのはいいと思います。実際は導かれて出会う、こともあるでしょうが・・。

身近なとこでは、手のひらにのせてみて快・不快を感じるとかもありますね。パワーストーンやアロマ、食べ物、いろいろできます。

 

3.音楽、アート、料理など創造的なことを楽しむ

 

これはもう、心理療法の分野でも高名な人たちも言われていることですね。

まあ個人的に、この辺は直接的な方法というよりも、人生全般の豊かさにもつながるし、直観的な感性の基盤となる心がけ的な感じです。

自分もモノづくりは好きです。材料しかないところから自分のイメージで形にしていくわけですから、身近な願望実現・現実創造ですね(考えればこの世のものはすべてそうです。誰かが作ろうとイメージして初めて形になっていく)。

ここから、人間と神との関係に発想を飛ばすのも難しくはないですね(飛びすぎ?)。「神という名のエネルギー」は、そのままでは今目の前にある100均のコップも作れないかもしれません。

あと、農業なんかは、さらに自然の厳しさや生命そのものも感じれるでしょう。エネルギーがありそうな野菜とそうでないものとか感じるのも簡単なエネルギー的な直観、ですね。

音楽は今んところ、聴くことしかできませんが、、。個人的に、辻井さんのピアノはやはりすごい。最初聴いたときなぜだか分からないが泣けました。ここから、上原ひろみさんとかも知って、最近TVはYOUTUBEの再生機と化してます。

 

 

といったわけで(何が?)、とりあえず結論です。これもよく言われることですが、直観やインスピレーションって「これだ!」てやって来るわけでなくて、穏やか~な海の中でかすかに感じる風や匂いのようなものだと思います。

「だからこそ」練習と慣れ、(そしてもうちょっと学習方法!)が必要なんだと思います。


スポンサーリンク

あなたの状態を読み取り理解したうえで

 

臨床心理士による
脳とエネルギーの働きを利用した
カウンセリング・ヒーリング
TEL,SKYPEも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログを書いてる人

カウンセリング、タロット、ヒーリング・・自分自身でいろいろ経験しながらやってきて、もっとも人生を変えていくために役に立つもの、すべての基準はそれだけです。臨床心理士/ヒーラー。

も少し詳しいプロフィール